ハレアカラ山頂の絶景

ハレアカラ山頂

スポンサードリンク

今回の旅行最大の目的、ハレアカラ山頂のビジターセンター駐車場に到着です。
ビジターセンターの展望台からの眺めは息をのむようです。
この世のものとは思えない、という表現がありますが、まさにそんな感じです。

 

直径11.25Km、幅3.2Km,深さが800mという巨大なクレーターです。
その中に11個もの噴石丘が点在しています。

 

ハレアカラ展望台からの景色

 

しばし見とれます。
今までの人生で見たことのない光景です。
絶対に感動します。
私の保証は何の意味もないでしょうが、保証します(笑)
写真でも言葉でもこの素晴らしさは説明できません。

 

意外に早く到着したので、十分に時間を使って散策することにしました。
ビジターセンターの駐車場からは徒歩でもう少し高いところへ行くことが出来ます。
ここで、3055mの高さを実感しました。

 

駐車場からわずか10分くらいの距離なのですが、息切れがします。
ほとんどの人は心配する必要がないのでしょうが、人によっては高山病が出るそうですから、体力に自信のない方は、車でも一気に山頂まで登らない、歩くのもゆっくりで、くらいは気を付けたほうが良いでしょう。

 

反対に体力のある人は、クレーターのトレッキングを楽しむことが出来ます。
私は見るだけでダメですけどね。

 

クレーター

 

これがトレッキングコースの一つです。
3000メートルの高度で、こんなところ歩けません。
でも違った景色が楽しめるんでしょうね。
駐車場右手に山頂が見えますが、その手前に天体観測所があります。

 

天体観測所

 

この観測所はハワイ大学天文学研究所と東北大学惑星プラズマ大気研究所とが合同で設置したものだそうです。
天体の観測に適しているため、ハレアカラと言えばサンライズ・サンセット、といったツアーが大人気です。
私は初めてのマウイ島ということもあり、暗い道は走りたくなかったので日中のドライブを選択しました。
日の出や、日没、そして星空の観察は、自分で運転して行くよりもツアーで行ったほうが安全だと思います。

 

天体観測所を右に見ながら山頂へと向かいます。
山頂の駐車場からは少しだけ階段を上ります。
この頃から雲が切れてきました。
そして感動の瞬間がやってきました。

 

ハレアカラから見たハワイ島

ハレアカラから見たハワイ島

 

標高4205メートル、ハワイ島のマウナケアが姿を現してくれました。
マウナケアとは白い山という意味で、冬には山頂に積雪があることからそう呼ばれるようになったそうです。
肉眼でも雪がはっきりと見えました。
直前まで雲に隠れて見えなかったので、大感激でした。

スポンサードリンク

ハワイ旅行記2014・旅行ブログ目次

ハワイ旅行1日目

ハワイ旅行2日目

ハワイ旅行3日目

ハワイ旅行4日目

ハワイ旅行5日目

ハワイ旅行の楽しみ方

スポンサードリンク