ハワイ旅行を安全に楽しむための方法

ハワイを安全に旅行するには

スポンサードリンク

ハワイに限らないことですが、旅行では安全第一が何より大切なことです。
ハワイは観光で成り立っている都市ですから、安全には非常に気を使っています。
そのためホノルルの表立った場所で身の危険を感じることはありません。

 

と言っても犯罪発生率は低くはありませんから、注意が必要です。
常に誰かに狙われているくらいの思いで備えをしてください。
特別大げさなことではありません。

 

  • 多量の現金は持ち歩かない。
    買い物も食事も出来るだけクレジットカードで支払うようにする。
  • ブランドショップで買い物をしたら、すぐホテルに荷物を持って帰る。
    ブランドのロゴの入った袋は狙われやすいから。
  • 夜10時過ぎたら外出しない。
  • 暗くなったら、たとえ近道であっても裏通りは歩かない。
  • 一人での行動は避ける。

 

このように、自分の安全は自分で守ることに気を配ってください。
ハワイといえど日本ほど安全ではありません。

 

レンタカーでハワイ旅行をもっと楽しむ

 

ワイキキ周辺だけで楽しむのであれば別ですが、レンタカーを借りると行動範囲が一気に広がります。
もちろんオプショナルツアーもたくさん用意されていて、そちらでも十分楽しめるのですが、どうしても費用が高めになります。
マウイ島、ハワイ島を訪れるのであればレンタカープランで申し込んでください。

 

ハワイ州では日本の運転免許証で運転が許されていますが、事故や違反があった場合は面倒になるので国外免許証を取得して行くのがお薦めです。
左ハンドルに右側通行は不思議なことにすぐ慣れますから、思い切って挑戦してみてください。
小型のセダンが一番安いしお薦めです。

 

ただし、車から離れる時は短時間であってもカギをかける、車内には何も置かない(荷物はすべてトランクに入れる)、夜10時過ぎたら走らない、ことを心がけてください。
前もって訪れる場所を決めておくことも大切です。
渋滞もハワイ名物ですから、時間に余裕を持って計画して下さい。

 

ハワイ旅行のオプショナルツアー

 

シュノ―ケリングやサーフィンなどを始めとして、スカイダイビング、セスナ機の操縦、ダイヤモンドヘッド登山などたくさんのツアーやアクティビティが用意されています。
でもビーチなどでのんびりする時間も欲しいのであまり欲張らないほうが良いと思います。

 

事前にしっかり調べ、これはと思うものを1~2個選び申し込んでおきます。
決められた集合時間ぴったりに迎えが来ることはほとんどありません。
今回も、サンセットクルージングの迎えが40分も遅れました。
イライラせずにのんびりと待ってください(笑)

 

ハワイは今回ご紹介した何倍もの見どころがあります。
とても数日で見られるものではありません。
許せる限り1日でも長い滞在がお薦めです。

スポンサードリンク

2014年のハワイ旅行記はこちらです。

ハワイ旅行記2014・旅行ブログ目次

ハワイ旅行1日目

ハワイ旅行2日目

ハワイ旅行3日目

ハワイ旅行4日目

ハワイ旅行5日目

ハワイ旅行の楽しみ方

スポンサードリンク