アラモアナショッピングセンターで夕食を調達

アラモアナショッピングセンターへ

スポンサードリンク

お土産を買うと気が楽になります。
後は出発時間まで自由です。
車にたくさんの買い物を積み込み、次の目的地アラモアナショッピングセンターに向かいます。
ところが、予想以上の渋滞でなかなか到着することが出来ません。

 

私も妻も、アラモアナショッピングセンターの前にあるアラモアナビーチパークから眺める夕日がオアフ島一きれいだと思っています。
ワイキキビーチからも素敵なのですが、人が多くてベンチが空いていないのです。
というのも、ただ夕日を眺めるのではなくて、プレートランチなるものを買い込んでビーチで夕日を眺めながらの夕食が好きで、そのためにもベンチが必要なのです!!

 

その希望を叶えるためには5時半までにはアラモアナのショッピングセンターに到着していなければなりません。
もう無理だ、時間までには着かない、がっかりしていた時、幸か不幸か雨が降っていることに気が付きました。
弱い雨なのですが、空を見ると厚い雲で覆われています。
この天気では急いで行っても夕日は見られないと思うと、急にゆったりとした気分になりました(笑)
アラモアナショッピングセンターに着いた時には天気の悪いのも手伝って、すでに真っ暗でした。

 

アラモアナショッピングセンター

アラモアナショッピングセンター

 

折角なので30分ほどショッピングセンターの中をうろつき、食料の調達もしました。
時間は7時くらいだったのですが、フードコート内は人がいっぱいでゆっくり食べられないと思い、テイクアウトしました。
レンタカーの返却時間が近づいていたので、取りあえずホテルで荷物を下ろし、レンタカーを返却しました。
ついでなので夜のワイキキビーチを見に行きました。

 

デユーク・カハナモク像

デユーク・カハナモク像

 

ワイキキビーチに立っている有名なデユーク・カハナモクの像です。
ハワイ初のオリンピック水泳選手で金メダリストですが、それだけで像があるのではありません。
彼はサーフィンを海のスポーツとして世界に広げた、サーファーの神様なのです。
記念撮影のメッカですね。
昼間は人が多くて撮影も順番待ちになることもあるのですが、さすがに夜はそれほど人がいません。
あまり知られていませんが、この像はインターネットライブカメラで24時間世界中に放映されています。
つまり、午後8時にこの像の前で手を振ると、その姿を午後3時の日本で見ることが出来るわけですね。
ビーチは暗くて、しかもアベックばかりだったのと。お腹もすいてきたのでホテルに帰ることにしました。
ビーチ沿いの通りカラカウアアベニューは、ブランドショップを始め、たくさんのお店が並んでいます。
まだ多くの人通りがありました。

 

夜のカラカウア通り

 

カラカウア通り

 

夜になると多くのブランドショップでは、ガードマンが立っているのを通りから見ることが出来ます。
それがどうした、と思われるでしょうが、このガードマンの人たちがいかついのです!!
2メートル近いがっしりとした大きなガードマンは一見の価値があります(笑)
その人たちがサングラスをかけ黒いスーツに身を包み、立っているのです。
この日はプラダのガードマンが一番でした。
まるで映画の1シーンのようです。

 

ビーチから20分ほどぶらぶら歩いてホテルに着きました。
夕食の時間です。

 

ホテルでの夕食

 

骨付きのお肉、チャーハン、そしてエビやきそば、サラダを食べ、ハワイ最後の夜を過ごしました。

スポンサードリンク

ハワイ旅行記2014・旅行ブログ目次

ハワイ旅行1日目

ハワイ旅行2日目

ハワイ旅行3日目

ハワイ旅行4日目

ハワイ旅行5日目

ハワイ旅行の楽しみ方

スポンサードリンク