ハワイ旅行記2014

オアフ島のOriginal Pancake houseで朝食

スポンサードリンク

マウイ島を訪れた関係でオアフ島の滞在時間が大幅に短縮されました。
丸一日使えるのはこの日一日だけしかありません。
一日を出来るだけ有効に使おうと、レンタカーを借りることにしました。

 

幸いワイキキのレンタカー屋さんは日本語の話せるスタッフを置いているとのことなので、臆することなく入店し、無事借りることが出来ました。
この点はワイキキって良いですね。

 

表通りのほとんどの店は日本語が話せるスタッフがいるようで、言葉で困ることはありません。
偉そうに、ビーフジャーキーを日本に持って帰れるかと英語で聞いたら、駄目~と日本語で返されました。

 

嫁の希望もありカフェカイラのパンケーキで朝食、と決めていたのですが、行ってみると長蛇の列。
日本にあるカフェカイラも相当な行列のようですから、驚くことではないのでしょうが、いきなり戦意喪失。
カフェカイラには翌日の朝早くに出かける予定にして、この日は別のお店に向かいました。

 

Original Pancake houseというお店で、ホノルルにあるのですが交通の便があまり良くないのとガイドブックに載っていないことから、穴場だと知人に聞いていたのです。
到着したのは8時半頃だったのですが、既に10分待ちの状態でした。

 

パンケーキハウス

 

案内されて席に着くとメニューが出てきます。
もちろんコーヒーも(笑)
注文もしていないのに「coffe?」と聞かれ「please」と答えると注いでくれます。

 

以後何度もおかわりがいるか聞きに来ます。
レシートを見てもコーヒーは書いていないので、食事に含まれているといった感じなのでしょうね。

 

メニュー

 

私は卵とソーセージのセット、妻はグリーンアスパラのオムレツを頼みました。
ここの名物であるダッチベビーというパンケーキも注文しました。

 

オムレツ

注文したオムレツ

 

グリーンアスパラガスのオムレツはアスパラのソテーがこれでもか、というくらい入っていて、卵の上からはチーズソースがかけてあるという恐ろしくボリュームのある一皿でした。
この時点で、3品頼んだのは失敗だったと思いました。
一品の大きさが日本と違うことがまだ身に染みていないのです(笑)
間もなく私の注文した品も届きました。

 

モーニングセット

モーニングセット

 

目玉焼きが一つ、ハッシュドポテト2枚、ソーセージが2本。
55歳以上のシニア向けとあってボリュームが少なくて少しホッとしました。
日本のモーニングサービスと違って、野菜がないのが物足りません。

 

レタスやトマトを付けてもらいたいと思いました。
代わりにハッシュドポテトを1枚減らしても良いから!!
そして最後のひと皿が到着。

 

パンケーキ

パンケーキ

 

本来は膨らんでドームのようになっているはずなのですが、既にしぼんでいました。
一緒にバター、レモン、粉糖が付いてきます。
食事が次第に戦いの場へと変わりました。

 

意外にコーヒーが美味しかったので、2杯おかわりしたのが災いして、オムレツとポテトとソーセージ、目玉焼きを平らげた時点で負け決定!!
パンケーキは半分以上お持ち帰りとなりました。
味は人気店だけあって美味しいと思いました。

 

周りを見渡すと、現地の人たちの食欲には圧倒されます。
もちろん体格も立派なのですが、食べる食べる!!
どう見ても80歳過ぎのおじいちゃんがクリームてんこ盛りのパンケーキを食べていました。

 

絶対に完食は出来ん、そう思って見ていましたが、コーヒー3杯と共に食べきってしまいました。
思わず拍手したくなりました。

 

このおじいちゃんの食べっぷりを見ていたせいで、出発が遅れました。
自分達が食べ終わって5分ほどは見ていたでしょうか。
と言っても、お持ち帰り用のパックにパンケーキを詰めていたので、ただじっと見ていたわけではありません(笑)

 

帰るときには外まで人が並んでいました。
このお店も早めに来ないとすぐには食べられないようです。

スポンサードリンク

ハワイ旅行記2014・旅行ブログ目次

ハワイ旅行1日目

ハワイ旅行2日目

ハワイ旅行3日目

ハワイ旅行4日目

ハワイ旅行5日目

ハワイ旅行の楽しみ方

スポンサードリンク